ビジネスレッスン・コース内容

更新日:2020年9月29日

グローバルで通用するビジネスパーソンへ



交渉、プレゼン、ビジネスメールといった、様々なビジネスシーンを想定した内容と独自のメソッドを組み合わせた スピーキングレッスン。


ビジネス英語に必要な正確さ、流暢さ、表現、そしてマナーを身に着けましょう!



ビジネス英語をモノにする3つのP


Present   (分かる)

Practice  (伝える)

Produce  (伝わる)



◆Present(分かる)


プレゼン、交渉、電話対応、ビジネスメール等、様々なビジネスシーンをベースに、構文や文法、表現を学習します。ここではしっかり「理解する」ということに集中してください。


次に会話文の音読を通して理解を深めます。同時に、講師はネイティブであり、「音声学を学んだ語学講師」という視点から発音を修正しますので、正しい発音を身に着けることができます。



◆Practice(伝える)


導入部で学んだことを基礎に、瞬間英作文(パターンプラクティス)をします。英作文をすることで自分の理解不足が把握でき、根本的な文法力の不足を補います。



◆Produce(伝わる)


ロールプレイ演習後は学習の枠にはまらず、講師と会話をします。学習したことをベースに講師は皆さんに質問をしたり、ディスカッションをしたり、ロールプレイ形式で練習したりと流暢さを磨くためのアプローチをしますので、皆さんは口から英語を出す、話すこと(実践)に集中してください。




使用テキスト:


話す英語 (実戦力徹底トレーニング) 愛場 吉子著

https://www.amazon.co.jp/dp/475743314X/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_9suXDb7JZCQY7


 

しっかり目的、ゴール等を話し合ってレッスンを決めたい生徒、レッスン開始前の「受講相談カウンセリング」をおすすめします☆


閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示