日常会話コース

更新日:2020年12月21日


Connectの日常英会話コースはお一人ひとりの目標と希望に合わせたオーダーメイドレッスン。


受講前のレベルチェックをもとに、最適なレッスンプランをご提案します。


講師歴11年のアメリカ人ですが、英会話がはじめての方には日本語での質問と説明も可能です。



こんな方におすすめ!


「文法だけのレッスンはつまらない」


「フリートークをするには、まだまだインプットが足りない」


「インプットとアウトプットのバランスがいいレッスンが欲しい」



私の3Pレッスンは、そんなお悩みを解決します。





「伝わるコミュケーション」をする前に「伝える練習」がなければただの暗記です。伝える練習の前に「分かる作業」文法や表現への理解がなければ、会話力につながる応用力を育てることはできません。



レッスン時間の50分を「文法学習」「会話練習」と、二つのパートにわけて、効率よくレッスンを進めていきます。




レッスン後の学習もサポート!


私のレッスンでは、Googleドキュメントを使って授業を行います。それはあなただけのノートになりますから、ぜひ授業後の復習用ノートとして役立ててください。 また、希望する生徒さんのみですが、ワークブックの宿題、ライティング課題をお渡ししています。自習課題はあなたのウィークポイントを知るチャンスです。一つひとつ課題を見ていくことで、あなたに最適なレッスンプランを作り上げていくことができます。





オーダーメイドレッスン


授業開始前には簡単なレベルチェックとカウンセリングを行います。あなたが今抱えている問題や課題について話し合い、最適なレッスンプランをご提案させてください。


ご自身で持っている本で学習したい、全国通訳案内士2次試験の準備をしたい、など、リクエストもOK!臨機応変に対応させていただきます。





レッスンの例



■ Homework Correction 【宿題の確認】(5 minutes)


宿題がある時は、初めの5分間の間に前回のレッスン内容と合わせて復習をします。

あなたの宿題は私が添削し、間違ってしまった問題についてディスカッションや会話ドリル練習であなたの苦手ポイントを強化します。

もし提出する宿題がなければ、ここでスモールトークをしてウォームアップ!



■ Introduction 【メインレッスンの導入】(3 minutes)


レッスンの概要をつかみ、そのレッスンで何をターゲットに学習するのか確認をしましょう。(例:'be going to' と  'will' 違いについて)



■ Practice 【練習】(7 minutes)


導入部で学んだ文法を、様々なスピーキング練習で理解を深め、流暢さを訓練しましょう。このスピーキング練習は、次の20分で行うロールプレイとディスカッションの準備も兼ねています。



■ Short Situational Roleplays with Corrective Drills

【ショートロールプレイと添削ドリル】(20 minutes)


実戦練習でのロールプレイをもとに、あなたオリジナルの会話スキットを一緒に作りましょう。


実践的なロールプレイやディスカッションで、学習の仕上げをします。クリエイティブかつワクワクするような活動ですから、楽しみながら会話の練習をすることができます。

ロールプレイとロールプレイの間では添削とフィードバックを直ちに受け取ることができ、よりネイティブらしい言いましやスタイルが身につきます。ディスカッションも同様です。



■ Secondary Target【発展と応用】(20 minutes)


この20分では、最初の30分で学習した発展や応用、もしくは新しいレッスン内容を学習します。



■ Homework Assignment 【宿題】(0 minutes)


ご希望に合わせて、宿題や課題を出します。宿題が必要ない場合は、遠慮なくその旨伝えてください。


当日学習したレッスンの復習や次に学習する内容を、ワークブックや作文課題という形でお渡しします。


宿題は次の授業の5分間で添削とフィードバックを受けます。またここで見つかったあなたのウィークポイントをもとに、これからのレッスンプランが構成されていきます。




閲覧数:52回0件のコメント

最新記事

すべて表示