top of page

料理するだけで英語が旨くなる

更新日:2020年12月24日



アメリカの食文化のイメージは?ハンバーガー ?フライドポテト?BBQ?






ところがここ最近、アメリカ人の食のスタイルが変わりつつあります。アメリカでは、ビーガンやベジタリアンを実践している人がここ数年で人口の6倍に増えました。その実践者は若い世代に多く、菜食実践者の約半数が35歳未満というデータがあります。






肉や魚など動物性食品を取らず、野菜やイモ類、豆類など植物性食品を中心にとるベジタリアン。ビーガンは完全菜食主義者であり、肉・魚のほか、卵、乳製品・はちみつも含む動物性食品を一切口にしません。


私はメキシコ料理が人気なカルフォルニアで育ったからか、肉より豆類でタンパク質を取る方が好きです。





今週のテーマはベジタリアンということで、日本とアメリカのレシピの違いで面白いなと思ったこと、英語学習にも最適!な「ベジタリアンご用達☆Youtubeチャンネル」の2本立てでお送りしたいと思います。



もくじ:

◇アメリカ人は感じている。英語のレシピサイトって前置きがくどくない?

◆健康になりながら、英語も学ぶ|おすすめのYoutubeチャンネル   #1【Pick Up Limes】 ―美しく食べるライフスタイル   #2【Downshiftology】 ―忙しい現代人のための準備食




アメリカ人は感じている。英語のレシピサイトって前置きがくどくない?


日本のレシピサイトを見て思った。やっぱり英語のレシピサイトって前置きがくどいよ・・


実際にこのウェブページを見てほしい。ベジタリアンハンバーガーのレシピを知りたくてアクセスしたのに、スクロールしてもしてもレシピにたどり着けない。


The Best Black Bean Burgers I've Ever Had | Sally's Baking Addiction

https://sallysbakingaddiction.com/best-black-bean-burgers/


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


Anyone who’s ever ventured onto the English side of cooking websites has probably noticed a trend. Compared to Japanese websites, they are long. In fact, it isn’t unusual for a cooking page to be longer than most wikipedia articles, and the recipe is always. At. The. Bottom.


Among English netizens, it’s a bit of a meme.





What exactly is clogging up all that space between the header and the recipe? Surprisingly, it’s not usually ads. There might be a heartfelt story about the grandparent from whom the author learned the recipe. Perhaps it’s a blog about the author’s process of discovering all the little tweaks that make their version original. Maybe it’s a family blog detailing how the author got their children involved in the cooking.


Naturally, many people don’t care to read it.